男女

銀座ダイヤモンドシライシに行こう|最高品質のリング

結婚の申し込みをする指輪

ブライダルリング

金額より演出が大切

婚約指輪は、結婚を申し込む際に男性から女性に贈られる指輪のことで結納やプロポーズの際に贈られることが多いです。婚約指輪の一般的な相場は、20万円から30万円前後となっていて昔は婚約指輪の相場は給料の3か月分に相当すると言われていましたが現代では1ヶ月分くらいが相当します。婚約指輪にお金をかけない分、新婚旅行や結婚式にもっとお金を使うなどお金の使い方によっても相場は変わってきます。また、年齢によっても相場は変わってきますが、金額よりも演出に凝ったほうが喜ばれることが多いと言われています。婚約指輪を贈る時のシチュエーションやかける言葉などのほうが重視される傾向にあり、プロポーズに合わせて指輪を自分でデザインしたり手作りする人も増えています。

結婚指輪と一緒につける

婚約指輪を贈り、無事結婚をすることになると結婚式には結婚指輪が必要になります。結婚指輪は、男性も女性もお揃いの指輪で末永くずっと身につけていくものですが婚約指輪を贈る際は結婚指輪と一緒につけられるかどうかという点もしっかり確認する必要があります。婚約指輪は出来れば毎日身につけていたいという人も多いですが、基本的にダイヤモンドなど石のついた派手なデザインのタイプの指輪が多いため出番が少ない傾向にあります。一方の結婚指輪はビジネスシーンも問わずカジュアルにも無難に身につけられるデザインのものが多いため、婚約指輪と一緒につけるとバランスがよく両方身につけられるようになります。指輪の雰囲気やデザインなどある程度まとめるようにすると良いと言えます。